• facebook
  • Instagram
  • Pinterest
  • LINE
  • twitter
  • Blog
  • サロン情報
  • info@salon-belle.jp

  • 090-9339-9843

お爪を大切にしながら楽しむジェルネイルと手・爪のお手入れを楽しむ小さなネイルサロンです

Menu Navigation

コラム05:ネイルダストの影響を減らすために

初稿:2017年7月26日

 ジェルネイルのフィルイン(毎回オフせずに、綺麗に残っているベースジェルを残してデザインを変えていくこと:当店のメニューではデザインチェンジと呼んでいます)が主流になってきて、削った際にでるダストの除去、軽減のための集塵機がたくさん発売されるようになりました。

ジェルネイルをメニューに導入した当初(2004年夏)から、施術テーブルに埋め込みの集塵機を設置していた私にとっては、ようやく集塵機が一般化したなぁと感慨深いです。



 当店でジェルネイルを導入した当初はハードジェルの時代でした。まだジェルネイルはあまり知られていなくて、アクリル全盛期。
ハードジェルでのフローター(ジェルコート)ですので、カラーやデザインを変えるためには、必ず削ります。一日の施術が終わるとあちこちダストで真っ白なり、お掃除をしても一晩たつと舞っていたダストがうっすら積もるほど細かなダストが舞うのです。

当初からマシンを使ってのフィルイン(デザインチェンジ)を行っていましたので、大量に舞うダストをどうにかできないか思っていました。
また当時、ヤングネイルズのCEOグレッグのセミナーで「毎日ダストにさらされるネイリストの肺を守るためにも、必ずマスクは着用だよ」と教わっていましたから、ネイリストだけでなく、お客様への影響も減らしたいと思っていました。

そこで施術テーブルに活性炭フィルタ付きのファンを埋め込み、出来る限りダストは下方へ集めて、ダストが舞わないよう施術を行うようにしたのです。
また、上で集塵するタイプの市販の集塵機(写真の右上に写っています)も設置し、状況に応じて使い分け、または同時使用して、上に舞うダストを減らしています。

お爪のダメージは出来る限り減らし、ジェルネイルを楽しんで頂きたいので、これからもフィルイン(デザインチェンジ)での施術をおススメしていきます。 アレルギーやダストが心配な方へはマスクの提供もできますので、遠慮なくお申し出ください。

最後に、もしご自身でセルフネイルをされていて、ダストがたくさん舞う作業をされている場合は、マスクを着用して肺を守ってくださいね。





PAGE TOP